安全で安心な住まいのために|住宅診断のお得なサービスを利用

積木

住宅の健康診断

家

新築・中古を問わず、一戸建て住宅を所有しているのであれば、一度住宅診断を受けておくと良いでしょう。住宅診断とは人間でいう健康診断にあたるもので、お住いの住宅に修繕が必要な箇所はないか、あるとしたらいつ頃からメンテナンスをするのが良いかといった診断です。基本的に居住物件には、日常生活に支障を来すような欠陥(瑕疵)があった場合のための「瑕疵担保責任」という制度があります。これは新築であれば10年以内、中古物件であれば瑕疵を知ってから1年以内なら売り手側にその責任を求める制度で、修繕に掛かる費用は売り手側が負担することになります。そのため住居を購入する際に住宅診断を行っておけば、安全な家を選べるだけでなく欠陥があった際も費用の心配をしないで修繕することが出来るのです。

住まいの安心を継続させる住宅診断のサービスには、会社にもよりますが定期的なメンテナンスを提供するプランと、一回だけの一回だけ利用したいときのプランがあります。すでに物件を所有しているのであれば定期的な住宅診断のプランを、購入を検討している場合などは一回だけのプランを利用し、判断材料にすると良いでしょう。また診断内容も、屋根や外壁、床下だけでなく、住居設備も含めて細かく点検してくれるところが多いです。プロの診断士が注意深く調べてくれますから、建物を部分的に解体することもありません。それから料金に関しても、定期的なプランであれば2、3万円程度が相場なのでお手頃です。一回だけの住宅診断の場合でも、オプションを含めても10万円前後で済むことが多いようです。

家族向けの賃貸

一軒家

賃貸を選ぶ際は、その家族に向けた物件を選ぶことが大切です。仕事の通いやすさや買い物のしやすさが大切で、子供がいる場合は治安の良さや周辺の環境に配慮した住宅を選ぶことが必要です。アクセス面も重要です。

もっと読む

仲介手数料の必要性

模型

賃貸を契約する場合の多くが不動産会社を経由するため、仲介手数料が必要になります。手数料は業者によって大きく異なるため、業者選びによっていくらか安くすることができます。

もっと読む

賃貸のメリット

集合住宅

家を購入した場合、ずっと住み続けることになる人は多いものです。しかし、賃貸の場合は自分の好きな時に引っ越しすることが出来るため転勤などでも対応することができ、便利といえます。

もっと読む